ネオ・スキャルピングFX(倉本知明)検証と評判

「ネオ・スキャルピングFX」というFXの1分足サインツール商材が発売になりました。

販売会社はグローバル・ロイズ株式会社で、
倉本知明さんという書道家にしてトレーダーの方が開発した内容とのこと。

MT4に設定するサインツールで、
エントリーから決済まで自動でツールが教えてくれるというもの。

ネオスキャFX
「サラリーマンの月収くらいなら5分で稼いでみせますよ」倉本知明
強気の発言が販売ページのトップに掲載されています。

販売会社のグローバル・ロイズ株式会社はこれまでも、以下のサインツールを販売してきた実績の会社。

当ブログでも記事にしていますね。

プロフェッショナルトリガーFX以外のサインツール商材は、
「旅するトレーダーヒデ」という方が使用しているサインツールということで販売されてきました。

「旅するトレーダーヒデ」さんは、姿がどこにも掲載されていないという謎多すぎるキャラです。
旅するトレーダーヒデ
その旅するトレーダーヒデさんが、グローバルロイズ株式会社の商材販売の第一線を退く?という連絡があり、
その代わりとして登場してきたのが今回の商材開発者「倉本知明」さんという流れでした。

和のFX成功法則
倉本知明さんが登場してネオスキャルピングFXが販売されて行く流れは、
「和のFX成功法則」として先行動画で紹介されていきました。

2019年7月31日より先行販売が開始され、
8月16日から一般発売されていった流れとなります。

私もこのネオスキャFXを手に入れて検証したので、レビューします。

ネオ・スキャルピングFXの商品内容解説

ネオ・スキャルピングFXは、簡単にいうとFXの1分足トレードサインツールです。
MT4に設定して使用します。

矢印で表示されるエントリーサインに従ってエントリーしていき、
チェックマークの決済サインで利益確定していく仕組みです。
ネオスキャFX画像
みんな大好き、自動で表示(サインがですよ)のFXサインツール商材。
サインに従ってトレードしていくだけで、誰でも年収3000万円を目指す!!
(達成できるかどうかは自分次第)

以下がそのネオ・スキャルピングFXのチャート画面です。
ネオスキャFXチャート画面
赤い矢印サインで買いエントリーして、×印の決済サインで勝ちトレードになっています。

ネオスキャFXの推奨時間足は1分足。
トレード推奨通貨ペアは8種類とのこと。
(具体的な指定は教材内で見当たらなかったですが笑)

以下が購入者ページの様子です。見切れてますが、左側にコンテンツが並べられています。
ネオスキャFX購入者ページ
ネオスキャFXの使い方自体はシンプルなので、購入者ページもシンプルな構成でわかりやすいです。

また、このネオスキャルピングFXは書道家トレーダーの倉本知明(くらもとちめい)さんがキーマン。
倉本知明
明らかに若くて美男子なルックスです。
最近は若くてビジュアル良いFXトレーダーが多いんですかね。
私のFXトレーダーのイメージは、神経質そうな中年の印象なんですが。

この倉本知明さんが、書道歴25年で師範免許も持っておられるそう。
それで書道とFXの共通点を見つけ出してトレードを極めた、みたいな解説。
倉本知明FX
先行のプロモーション動画でも倉本知明さんが書いた掛け軸をバックに対談が行われてました。

この倉本知明さん、書道をやっていたほかにもなにやらバンドもやっておられるそう。
ドラマーとして現在も現役で活動中のようです。

上の動画が倉本知明さんの状況を暴露してますね。

ネオスキャFXの商品自体には直接関係ないですが、
倉本知明さんに興味ある人は見ておくと面白いかも、くらいです。

別売りのEA自動売買化ツール「FULLAUTOPROFIT NEO」も

購入者ページには一緒に購入を勧められているネオスキャFXのEA化商品「FULLAUTOPROFIT NEO」のセールスページもあります。
fullautoprofitneo
この商品は32800円(税抜き)と価格的にも高くないので、
全自動化したいトレーダーは検討してみてもいいかもしれないですね。

ただやはり、それでも相場状況に応じてオンオフを手作業でしていく必要はあると思いますが。

ネオスキャFXのサインツール検証

ネオスキャFXのサインツールは、トレンドが発生した後に後乗りでエントリーする手法でした。

以下がサインが出てるチャート画像。
ドル円買い相場
買いサインが出現しています。
チャート左側の買いサインは買ってますが、右側にいくにつれて微妙なトレードに。

ネオスキャFXの決済ルールでそのままトレードしていけば、
このチャート画面上では損切りにならないまでも、
建値決済で逃げなければ損切りにかかっているトレードとなります。
(その後の値動きで2度ほど建値に戻っています)

この場面はネオスキャFX的にはわかりやすい買い場なんですが、
トレンドフォローをしていくトレードロジックなので、
トレンド転換した時には損切りになりやすいです。

こういった場面でも損切りをなるべく避ける為の応用のやり方も教材ページで解説ありました。
ネオスキャFX会員サイト
購入者ページの上記部分、「応用ルール」「特典」箇所に解説があります。

ネオスキャFXロジックは、欧州時間がはじまるまでの高値安値をブレイクした方にトレンドフォローしていく手法です。
以下の動画でチャート検証されているのでそちらを参照で。

ネオ・スキャルピングFXを私自身も使って検証した状況としては、
勝率的には基本ルールそのままでも50%以上にはなりました。

あとは損切りトレードの幅をなるべく小さくする裁量判断(応用)を取り入れて、
倉本知明さん並の勝率80%以上を目指したいところ。

サインのわかりやすさ、使いやすさは感じました。

ネオスキャFXの評価と評判

私個人としては、ネオ・スキャルピングFXは「けっこうあり」と思っています。

というのも、
1分足スキャルピングなので、チャートを見てトレードしていてもそこそこチャンスも多く、
トレード判断がサインで簡単なので、初心者でも使いやすいと感じたからです。

ネオスキャFX初心者
確かにサインはわかりやすいですし、初心者からでも使えるツールになっています。

ただ以下の条件があります。

  • 欧州時間以降のトレードをする前提
  • 出まくるサインを自分で判断する(サインが出まくる場合多い)
  • 応用ルールを学習していく意欲(裁量いれていかない相場状況によっては連敗もあるから)

ネオスキャFXが欧州時間までの高値安値を基準にトレードするので、
その時間以降にトレードする方向きのサインツールだと思います。

また、1分足スキャルピングツールということで、エントリーサインがかなり出現する場合があります。
シンプルに球数を絞ればいいのですが、ツールそのままにして一気にハイレバでハイリスクにならないように注意です。

また、トレンドが逆行して損切りトレードになる場合に、
ドローダウンがけっこう大きくなる場合も有ると思います。

応用ルールを学習して損切り幅を小さくしたり、
長期足のトレンド方向と逆にエントリーする場合には注意したりと、
裁量判断を取り入れて勝率を安定させていく必要があります。

初心者がとりあえず勝つのに使うツールとして、使いやすいとは思います。

FXトレーダー達の評判

ネオスキャFXの倉本知明さんは、プロトリFXのコウスケさんと関連してるみたいですね。
そんなわけでその界隈からは応援されているようです。

あとはきちんと内容検証して記事書いてるレビュアーは以下。

また追記していきます。