不動修太郎FX商材「不動式専業トレーダープロフェッショナルスクール」検証と評判

また新しいFX商材が話題になってます。
不動修太郎さんというトレーダーの「不動式専業トレーダープロフェッショナルスクール」です。

不動修太郎さんはかなり有名な方という話です。

不動修太郎
不動修太郎さんです。
今までの活動としては、FXや投資関連の著書が多数あるのと、
セミナーへの登壇、FX攻略.comの雑誌連載(10年以上継続中)、DVD発売等があるそうです。

不動修太郎fx
「不動式専業トレーダープロフェッショナルスクール」は、売りのみをやっていくロジック。

販売会社はFX-Jinさんのクロスリテイリング株式会社です。

Meta Traderに設定して使うオリジナルツールの提供がメインのFX商材です。

すでに発売から数週間が経過していますが、私も手に入れて内容を検証しました。
商品内容に関する私の評価と最新の評判を解説していきます。

商品内容解説

不動式専業トレーダープロフェッショナルスクールの内容は、
MT4に設定する「売り専用サインツール」と不動修太郎さんの解説教材になります。

FXで売りだけやっていくサインツールという部分が、新鮮ではありますね。

不動式専業トレーダープロフェッショナルスクール
「ど素人がたった3日で1億円を稼ぐ専業トレーダーに!?」
今回もクロスリテイリング商品ということで、キャッチコピーの煽りはバッチリ。

商材内容をまとめると以下になります。

  • 売り専用のMT4用サインツール
  • 5分足と1時間足が推奨時間足で、ドル円、ユーロ円、ポンド円がトレード推奨通貨ペアです。
    予告サインと本サインでシンプルにエントリーして、ルール設定されたPIPSで利益確定と損切をします。

  • 不動修太郎さんの解説教材
  • 売り専用サインツールの使用方法から、応用となる裁量判断のやり方などの解説教材が中心です。

  • サポート対応やおまけコンテンツ
  • メールサポートやオンラインセミナーの公開、リアルセミナー等もあるようです。
    トレード記録シートというエクセルでのトレード成績ファイルもおまけつき。

ちなみにお値段は、49800円(税抜き)。

不動修太郎商材内容
不動式専業トレーダープロフェッショナルスクールは、会場でのセミナーあるようです。
これまでの同社の商品と比べて、販売価格からしたら良心的なサービスと思います。

売り専用のサインツール

不動式スクールの商品の肝は、MT4で使うサインツールです。

サインツールのチャート画面は以下です。
不動式売りツール
わかりやすい矢印サインで売りエントリーしていきます。

ロジックもとてもシンプル。
予備サインが出たらトレード準備し、矢印サインが出たら売りエントリー。
決済はOCOで予めルール化されたPIPSで利確と損切を設定する。

チャート画面左下のトレンドパワーメーターを使ってエントリー判断をしていきます。

サインの検証は、以下の動画が詳しいです。

高いトレード成績を求めるのであれば、不動式の教材で解説されている裁量判断は必要ですね。
ここは私も実際に使ってみて確認しました。

売りエントリーのみをやっていくというシンプルな点は、実践しやすいと感じています。

不動修太郎さんの教材解説コンテンツ

不動式スクールの教材では、売り専用ツールの使い方が主に解説されてます。

購入者が閲覧する動画教材やマニュアルなどが提供される会員ページは以下の様子です。
不動式会員ページ
ツールのダウンロード方法解説から、不動修太郎さんによる売り専用ツールのマニュアル教材となっています。

トレードサインに裁量判断を加えるマニュアルも複数公開されています。
今後更に動画教材等が追加されて行くようです。

不動修太郎自己紹介
不動修太郎さんの自己紹介動画。なぜか眼鏡をはずしてシュールな印象です。

売り専用のサインツールで基本のトレードのやり方自体はシンプルなんですが、
より成績を向上させていく為に裁量判断を学習していく必要があります。

裁量判断の教材自体は、現状公開されているものはサラッとした内容だったので、
今後更にトレード解説マニュアルやオンラインセミナー等での補足を期待したいところです。

サインツールを検証

不動式専業トレーダープロフェッショナルスクールのサインツールを検証します。

まずドル円5分足チャート。
不動式売りチャート
このドル円5分足チャートだと、3回売りエントリーサインが出現しています。
左側の2回は勝ちトレードに見えますが、実はボラティリティが小さく、値動きの幅が少ないです。

不動式売り専用ツールでのドル円5分足売りトレードの際の基本ルールは、
利確損切りともに20PIPSの固定です。

チャート画像真ん中の売りサインは、売りエントリー後にキレイに下がっているものの、
20PIPSまでギリギリ到達せずに反転上昇してしまっているのです。
(19PIPS程度の含み益まではいっています)

こういった場面で、裁量判断の手法を取り入れていくと利益が残せます。

トレーリングストップやサポレジラインを使った応用手法ですね。
ここら辺は不動式教材内に解説がありました。

トレンドパワーメーター
あと、チャート左側のトレンドパワーメーターが、エントリーフィルターの役割なので、
きちんとダウントレンドの相場状況で売りエントリーしていく必要があります。
(トレンドパワーメーターは、上位足のトレンド状況を示してるツールとなります)

ユーロ円のチャートも見ていきましょう。
ユーロ円5分足検証
ユーロ円の5分足です。
サインが2度出現してて、これまた直後の相場は下がっています。

勝ちトレードかな?と思いきや、
実はこの両方のサインも20PIPS下がらずに反転上昇してます。

こういった不動式売りツールの基本的な利益確定と損切りルールに、ハマらない相場状況はけっこう多いです。

シンプルにトレードして、エントリー後は放置で勝ち続けられると思ってると、
実際にトレードしてからけっこう面食らうと思います。

教材の最後の方に解説されている応用のやり方が重要になります。

サインが出現して、売りエントリーしていく流れはシンプルなのですが、
損切りトレード連発とならないように、しっかり決済に裁量判断を入れていくのが良いでしょう。

私の評価と評判

売りだけやっていくというのは、トレード判断がわかりやすくなるのでメリットあるとは思います。
トレードチャンスの回数を捨てて、判断しやすさと勝率で勝負していくということだと思います。

勝率の高さは、決済に裁量判断の応用を取り入れていくことで目指せるという。

不動修太郎
不動修太郎さんの売り手法は、大暴落を狙うというよりも「ダウントレンドの中を抜いていく」という印象です。

何も考えずにサインツールの矢印サインだけでトレードしていくと、
けっこう連敗とかあってスランプに陥る可能性が有ると感じました。

だからこの不動式スクールを購入する場合は、
最初から「決済の裁量判断を学習していく」つもりでいた方がいいと思います。

売りのサインツールの出現精度は高いと思います。
私も実際に過去検証しても決済を基本ルール通りやってもプラスになりました。

不動式売りサイン
こういったわかりやすいダウントレンドの相場状況だと、勝ちトレードになりやすいです。
売り専用ツールなので、当然ですね。

反対に、アップトレンドが続く相場ではサインが出ても連敗しがちです。
トレンドパワーメーターを活用して、上位足でのトレンド状況を判断してサインを避けます。

決済の部分の裁量判断を頑張って習得する前提であるならば、
不動式専業トレーダープロフェッショナルスクールは、私はけっこう実践しやすい内容に思いました。

基本の決済ルールのまんまやっていくと、けっこう躓きやすいので注意です。

fx-katsu
FX-Katsuの推薦もあり。
FX-Katsuさんは、本当にいろんなところにでてきますね。働き者ですね。

FXトレーダー達の評判

不動式売り専用ツールは、商品発売時の煽り方も強烈だったので話題になってます。
実際にかなり売れてるようです。

以下、著名なFXトレーダーのブログ記事での評判です。

悪くは書いてない傾向です。
ただ、不動式スクールの販売ページ煽りは強いので、その部分に難色示す記事もありましたね。

また情報入ったら追記します。