3次元ベータトレード塾(持田有紀子)

女性FXトレーダーとして有名な持田有紀子氏が監修されている商材、
FXトレード塾「3次元ベータトレード塾」の評判と検証状況を解説していきます。

FXの情報商材は多数発売されていて、商品それぞれに特徴があるものですが、
基本的な打ち出し方とは別に「トレードで勝てるようになる」という目的は同様です。

知名度の高いトレーダーが監修するFX商材や塾はやはり注目度が高く、
注目される分商材の内容的にもしっかりしたものにする必要もあります。

今回の「3次元ベータトレード塾」は第一期も開催されていたFXを中心とした塾です。

第二期の募集ということで、
第一期の状況とセールスレターから商材状況を見ていきたいと思います。

3次元ベータトレードf x

「3次元ベータトレード塾」第二期の募集は2015年7月24日現在終了しています。
2週間という短期間募集でした。

※2016年5月13日より5月19日まで、3次元ベータトレード塾第3期募集となります!
詳しくは以下のボタンをクリックして詳細を確認してみて下さい。

こちらをクリックして詳細を確認する
3JIGENBETA
※3期募集は期間限定となります。

商材の評判と検証レビューを現時点でわかる部分として解説していきます。

3次元ベータトレード塾の内容と価格

まず私暴露三十郎は「3次元ベータトレード塾」を購入していません。

なのでこちらの記事で記載する評判や塾の内容は
セールスレターやインターネット上にある情報を見ていった個人的な見解になります。

そもそもこういったFX商材や塾教材は、
購入する側がしっかりと活用すれば価格以上の価値が生まれてくるものです。

なので一概にどうこう言えない部分があることを前提に、個人的見解を記載していきます。

3次元持田

3次元ベータトレード塾(持田有紀子)の内容をセールスレターより見ていくと、
ファンダメンタルや当該ジャンル以外の部分から
相場への影響を見ながらやっていく手法のように思えます。

「相関性」というキーワードを前面に押し出してきて、
日経平均を見ることによりドル円の動きなどを予想すると記載されています。

相関性と3次元ベータトレード
確かに為替相場の値動きは、それのみでなく様々な要素の結晶体と言えます。

私自身もFXトレードする時にはドルインデックス(ドル指数)を見ます。

その時にドルが売られるのか買われるのかを示しているので、
その日のドル絡み通貨のトレード方針に大いに参考になります。

3次元ベータトレード日経

日経平均や日経先物などの状況から円の値動きを予想するのは理に適っています。

この部分を押しだしているのが3次元ベータトレードの特徴と言えるでしょう。

ただ、まだ投資で安定的に利益をだせていない個人トレーダーには、
こういった金融系の色々な情報を見ていくのは難しく感じるかもしれません。

FXトレードのいいところは、シンプルでわかりやすいところです。

金融マーケットと為替相場の関係性もそんなに複雑ではないです。

3次元データトレード塾はコンテンツのオリジナリティを打ち出す為に、
こういった複数の金融系マーケット情報を見る手法を打ち出していると思いますが、
もう少しシンプルにトレードできる感じが伝わった方がいいかもしれません。

逆にこういった相関性部分を普段から意識しているトレーダーには、
まさにツボにはまるコンテンツかもしれません。

第二期の募集価格は228000円です。

3ヶ月の開催期間とリアルセミナー参加権利もあるので、
教材をフル活用できるのであれば価格的には適正かもと思います。

3次元ベータトレード塾と持田有紀子氏の評判

3次元ベータトレード塾のカリキュラムをみていくと、
コンテンツマニュアルと徹底サポートを打ち出しているのがわかります。

「徹底サポート」という部分を打ち出していくのであれば、
購入者は徹底的にコンテンツ内容を理解できるようにサポートされるのを期待します。

ただ、セールスレターにある注意書きには、
「質問は原則として3営業日以内に回答します。」とあります。

3次元ベータトレード塾質問

メールでの質問になるので、
質問で送った内容に対してどの程度濃い返信が貰えるかが重要です。

ネット上で調べてみたんですが、
購入者の感想や評判の具体性のあるものはみあたりませんでした。

内容とコンテンツの感想はベールに包まれているのかもしれないですね。

具体的な内容もセールスレターからも把握しきれないので、
商材自体を検証していくには実際に参加する必要を感じます。

3次元ベータトレード塾は稼げるか?

それではこの3次元ベータトレード塾の手法で稼げるのかという部分ですが、
FXや投資分野で著名な持田有紀子氏が監修されていることもあり、
さすがにまったく再現性がないものを商品として販売しているとは思えません。

きちんとノウハウの内容を理解して実践できれば、
トレードでの再現性は当然にあると予想します。

「相関性」をテーマにして打ち出されているので、
そういった部分がどう実際のトレードで活用するのか、
どの程度の部分でトレードの成果に反映できるのかは、
リアルトレードに移る前に検証していく必要性を感じます。

様々な知識とトレーダー達の心理の結集が為替チャートです。

ファンダメンタルとテクニカルと、
値動きのクセとチャートパターンを理解して実践していきます。

どういった人が3次元ベータトレード塾に適しているか

それでは3次元ベータトレード塾をどういった方が適しているかですが、
現時点で持田有紀子氏のことを知っていて、ブランディングを感じていることが条件です。

やはり尊敬の念を感じている人物の発言は聞く耳を持ちます。

そういった状態であるのであれば、
トレード技術の向上の為にコンテンツを学ぶ気持ちになると思います。

それ以外では様々な金融ジャンルの相関性をセールスレターから読み解き、
学んでみたいと思うトレーダーにも適性があると思います。

FX商材や投資塾を活用するコツ

こういったFX商材や投資塾に興味を持った際に、
購入して参加した場合のコンテンツをうまく活用するコツがあります。

「勉強として割り切ってコンテンツを学ぶ」

これに尽きます。

投資は最初から最後まで結局自己責任です。

FX商材も必要なところのみを学んで活用していき、
自身のトレードや実践に必要ないと感じたら外していきます。

私自身も持田有紀子氏がどういったトレードをするのかには興味があります。

リアルセミナーに参加できるのであれば、
そういった部分を聞いてインプットしてみたいですね。

3次元ベータトレード塾に対する個人的感想

3次元ベータトレード塾は著名なトレーダーである持田有紀子氏監修の教材なので、
注目度もある程度ありますし、購入者がどの程度成果を出すのかも気になるところです。

後はそれぞれの皆さんがどういった姿勢でFX商材に接していくか次第ですね。

勉強と思って何でもかんでも買い漁ってインプットしていくか、
柱とする教材を元にトレードの勉強を粛々と進めていくか…

個人的には余裕があれば評判の良いFX商材であれば、
たくさんの教材を見てインプットしていくのをおすすめします。

その方がトレード理解の幅が広がりますし、更なる実力構築のきっかけになるからです。

あくまでも「余裕があれば」です。

頑張っていきましょう!

継続される3次元ベータトレード塾

持田有紀子氏の3次元ベータトレード塾ですが、
2016年5月13日より5月19日までの期間で、3期目の募集がされていきます。

参照:3次元ベータトレード塾(持田有紀子)第3期が募集開始!

これは、3次元ベータトレード塾自体が継続される意義のあるもの、ということです。

こういった投資系のスクールや塾は、短期間の開催で終了されることが多いです。

運営者側も教える作業はなかなか骨が折れるものですし、何しろ時間と労力がとられます。

また、参加者側も成果がでないと運営側に不満を感じることでしょう。
(参加費もある程度の金額が必要になるわけですし)

そういった様々な部分をクリアしての継続3期目となります。

やはり持田有紀子氏の投資業界での知名度は強いですね。

引き続き注目していきたいと思います。

※2016年5月13日より5月19日まで、3次元ベータトレード塾第3期募集となります!
詳しくは以下のボタンをクリックして詳細を確認してみて下さい。

こちらをクリックして詳細を確認する
3JIGENBETA
※3期募集は期間限定となります。

コメントを残す