FX Realize(エフエックスリアライズ)検証と評判評価

わ、わたしは… 間違ってしまいました…
今日のランチの選択を…

胃が痛いのに、思わずカレーを食べたんですね。こりゃ失敗。
私がカレーを食べる時の8割は、ココイチカレーなんですが…
ココイチカレー
週3回くらい通うココイチでは、いつもチキンカツカレーが定番です。
この写真の状態から、福神漬けと激辛スパイスをかけまくるのが私のいつものスタイル。
ここからすべてははじまります。

今日は… なんか胃がもたれているのに思わずカレー!
食べた後に、どっぷりと更に胃が重たくなる現実と闘いました…
(昨夜に飲みすぎたようです。胃にくるタイプなんです。)

ああ… やっぱり蕎麦にしておけばよかった… そんな日々を過ごしています。

この情報商材暴露検証ブログもはや4年…
気が付きゃ全然危ないところに突っ込んで暴露するでもなく、
丁寧に情報商材(主にFX系)を解説するブログになりさがっちまったもんでさぁ。

でも、負けないよ。

今回はマニアックなトレーダーの間で良教材と話題になっている「FX Realize(エフエックスリアライズ)」について考えたいと思います。

FX Realizeは2018年10月頃に発売されたFX商材です。

FX Realizeは勝てる教材なのか?それとも…

FX Realizeの販売者の石塚勝博さん(BELLSTONE株式会社)は、
これまでも「PLATINUM TURBO FXⅡ」「Platinum Kubera FX」というFX商材等を発売されています。
これらは私はこれまでノーマークでした… すびばせん…
m(__)m

プラチナターボfx2
「稼ぎながら学ばないと損だと思いませんか?」
あくまで学ぶことをベースにしたFX商材ということで、クリーンなイメージがありますね。

上記の2商材もなかなかロングセラーで評価されているようです。

今回は、FX Realizeを私も手に入れて使ってみました。
fxrealize
「稼ぎながら学ぶ」というコンセプトは、販売者の石塚さんの意向のようですね。

MT4に搭載するサインツールと、そのサインツールのロジックを解説する教材、
更には自動売買まで可能にするEAも提供されている商品状態。

これはなかなかやる気を感じますが…

実際のところ、FX商材は「勝てるかどうか」が肝になっていると思います。

FX Realizeのサインツールを検証してみました。
fxrealizeチャート画面
こういったチャート画面です。

矢印出現でエントリーして、決済までサイン表示されていきます。

トレードロジックに関しては、トレンドフォローの戻り売り押し目買い。
サインツールも5M、15M、1Hと提供されています。
(1時間足の方が成績として安定しやすい傾向にあるようです。私も感じました)

15分足、1時間足で過去検証してから、実際に先月中旬くらいからトレードで使ってみました。

勝率は6割くらいで、1トレード当たりの利益が大きく取れるのが続くと、いい感じで増えるなぁ、という印象。
あくまでサイン通りにそのままトレードした時の結果ですが。

逆に、
負けトレードが連続する相場状況もチョイチョイあたりました。
これはトレンドが微妙な相場でサインがでると負けやすい印象。

サインツール商材でサイン見てそのままトレードはできるんですが、
サイン通りだけでトレードしていくと、どっかで躓きそうなリスクも感じました。

こういった部分は教材内の裁量教材の方に記載もありましたが。

ロジックの内容がとてもシンプルだったので、トレードはしやすいです。

稼ぎながら学ぶには、きちんと学ぶことを重視していかないとリスクあるって感じでしょうか。

バックテスト結果
FX Realizeの販売ページにはストラテジーテスターの結果も公開。
トータルで利益が残るようになってますが、ドローダウンもけっこうある感じです。

裁量判断で勝ちやすい相場状況を自分で選択して、そのうえでFX Realizeのサインツールを使うといいかもしれないです。

実際に稼ぎながら学べるもんなのか!?

「稼ぎながら学ぶ」がFX Realize及び販売者石塚さんのコンセプトとのことで。

実際にそんなにうまくいくもんなのか… 私には疑問ではあります…
稼ぎながら学ぶfx
稼ぎながらFXを学んでスキルアップしていければ理想なんですが、
稼げなくて大金を失い挫折して、そこから学んでいったというのが私の現実なので…

FX Realizeの解説教材とかも全て見ました。

トレードロジックは確かに王道的なトレンドフォローをうまくルール化されています。

ボリンジャーバンドと移動平均線を中心にルール化されているので、
サインツール無くてもトレードできますし、裁量判断も入れやすいですね。

以下が理想的な売りのパターン解説画像。3段階の売りエントリーです。
fxrealizeトレード図
こういうエントリー手法が、ボリンジャーバンドと移動平均線等のテクニカルの組み合わせでサインがでるわけですね。

ルールの仕組みをきちんと学習して理解できれば、
トレンドフォローの基本的な考え方と取り組み方がマスターに近づく内容だとは思いました。

また、教材の中できちんとリスクの面も記載されているのが好印象です。

注意事項
こんな感じで注意事項が所々書いてあります。
実際のトレードに関する部分も注意喚起されてる箇所があり、逆に良心的な気がします。

私の経験を申しますと…
実際のお金を張ってトレードすると、他のことをやるのが厳しい精神状態になるんです。

だから学びながら稼ぐには、トレードする時間と学ぶ時間を分けて考えた方が現実的かと思います。

FX Realizeのサインツール使ってトレードして、
トレード結果の復習を教材マニュアルとかトレード記録とか使って学習していくと。

そんな感じの実戦ができる時間とエネルギーがあれば、稼ぎながら(トレードしながら)学ぶことも可能と言えるでしょう。

仮想通貨トレードは勝てるのか?

FX Realizeは仮想通貨トレードにも対応しています。
仮想通貨トレードとはいえ、ビットコインの円とドルのトレードに対応という感じです。

仮想通貨fx
ビットコイン等の主要仮想通貨は、FX業者でも取り扱いがはじまりだしていますしトレードしやすいですね。

例えば海外FX業者であるSimple FXでは、ビットコインを送金することで、
現時点では本人確認せずにトレードできるようです。

こういったビットコインの取り扱いをしているFX業者を利用することで、
Meta Trader4に設定したサインツールを使ってのトレードが可能という感じです。

通常の為替通貨とのロジックの違いは特に記載がなかったので、
そのロジック仕様がそのままビットコイントレードに搭載された状況だと思います。

個人的には仮想通貨にボラティリティがでてきたら、リスクを取ってやる意義があるかな?という印象です。
2018年11月現在の仮想通貨市場の状況だと、まだボラ厳しいんで様子見かなという感じです。

この商材でFXで安定して勝てるのか?

色々好き勝手な感想を書いてきましたが、FX Realizeの内容自体は良心的で好印象です。
商材販売の煽りが薄いのもいいですね。

サインツールそのものの勝率はそこまで高くないですが、
搭載されているトレードルールは応用しやすい王道的なトレンドフォローなので、
きちんとそういったロジックを学んで裁量トレードにつなげていきたいトレーダーには良いと思います。

FX商材を買えば、誰でも簡単に短期間で莫大な利益がだせて、それが継続するって期待を持って買うとスカされると思いますが、
きちんとFXを学習してトレードスキル身に着けて頑張っていきたい人にはいいかもと思います。

そうしていくうちに、FXでトレード成績が安定してくると。

以下のレビュー記事等がFX Realizeの内容や評判を知るのにいいと思います。
→ ナオトさんの記事「FX Realize特典評判検証レビュー」

気が向いたらチェックしてみてください。