Flash Zone (フラッシュゾーンFX)ポールジモン

Flash Zone FX(フラッシュゾーンFX)という教材が発売になりました。
FXの裁量トレード教材として提供されています。

アメリカの投資会社であるSMBキャピタルに所属していたトレーダー
「ポール・ジモン」氏が監修された教材で、
15年間負けなしのトレード手法を公開されているとのことです。

フラッシュゾーンfx
フラッシュゾーンFXの監修者は海外の方でポールジモン氏です。
ちなみに教材は動画中心で提供されていますが、
日本語ペラペラのポールジモン氏がいい感じで解説されています。

フラッシュゾーンFXの商材内容などを検証していきます。

元SMBキャピタルのトレーダー、ポールジモン氏が監修

Flash Zone (フラッシュゾーンFX)は、
アメリカの投資会社であるSMBキャピタルに所属しておられた「ポール・ジモン」氏が監修されています。

SMBキャピタルとはプロップファームと呼ばれる投資専門会社のひとつで、
自社資金のみでFX等の投資を運用して利益を出す企業です。

完全成果報酬実力主義のそこで、1億9000万円を運用していたそうです。

投資会社なのである程度の金額を運用はしていくものですが、
そこでしっかりと相場で利益を出す手法を学ばれたのは価値あるものだと思います。

ポールジモンfx
ポールジモン氏はひじょうにイケメンです。
そして日本語ペラペラすぎて解説動画もかなり親近感がわきます。

この「プロップファーム元SMBキャピタル」のトレーダーであるという経歴や、
フラッシュゾーンFXのセールスレターに記載されている内容は、
間違いない事実であると商材販売者からも特筆で連絡をいただきました。

SMBキャピタルポールジモンFX
セールスレターにも表示されているSMBキャピタルの集合写真。
ポールジモン氏の他に日本人の方もおられるようです。

まぁ実際のところ、
FXトレードの巨匠みたいな方は日本にも世界にも多数存在しまくります。

想像以上にFXで勝ちまくって巨額の現金を得ている方は多いです。
(そんな方々を実際に多数お会いしてみてきました。)

大切なのは経歴じゃなくて、
FXで勝ち続けられるロジックと手法を伝授してもらい、
我々が継続的に為替相場から利益を得続けられる実力をつけることです。

フラッシュゾーンFXのロジック

フラッシュゾーンFXで解説されているロジックはかなりシンプルです。

ただ、
その「かなりシンプル」の度合いもFX自体への理解度により差が生じると思います。

それでもFX初心者の方でも慎重に過去チャートから検証して実践することで、
初期段階から利益を積み上げていくことが可能なロジックになっています。

ネタバレにならないようにセールスレターに記載されている内容のみでお伝えすると、
サイクルクローズというチャートパターンを見つけて、
インジケーターのフィボナッチリトレースメントを利用して
エントリーとイグジットポイントを算出設定します。

それに従ってエントリーとイグジットを繰り返していく流れです。

フラッシュゾーンfxやり方
この3ステップがフラッシュゾーンFXのロジックです。
チャートの環境認識力をあげていくことで、
勝率とエントリー精度を高めてより利益をあげられるようにしていきます。

教材内で解説されている内容では、
この手法はSMBキャピタルで最初に教えられる手法とのことです。

プロトレーダーが利益を上げ続ける為の、
最初にできるだけ簡単に取り組める手法としてロジック化されたものなので、
個人トレーダーが成果をだすのに適したロジックと言えると思います。

サイクルクローズのチャートパターン

実はフラッシュゾーンFXのロジックの大部分は、
セールスレター上でひっそりとネタバレしています。

トレードロジックの肝になるチャートパターン「サイクルクローズ」
セールスレター上でひっそりと公開されています。

サイクルクローズ図
これがサイクルクローズのチャートパターンです。
(ネタバレになるので解説はできないですが)

サイクルクローズが出現したら、
フラッシュゾーンFXロジックでのエントリーチャンスです。

このサイクルクローズのチャートパターンはわかりやすいです。
初心者トレーダーでも見つけやすいものなので、
しっかりとロジックをものにすると強いです。

このサイクルクローズのチャートパターンは、
形だけはこれまでもFXトレードで認識されていると思いますが、
エントリーポイントとしての活用はあまり認識されてないと思います。

フラッシュゾーンFXは初心者トレーダーのみならず、
更なるエントリーチャンスを増やす為のロジックとしても有効な商材です。

フィボナッチリトレースメントの活用法

フラッシュゾーンFXでは「あるインジケーター」を利用して、
相場が急落から上昇に変わる相場の条件を見つけていきます。

これは要は下げ止まりポイントを選定していき、
プルバック上昇するタイミングでエントリーするというものです。

その「あるインジケーター」とはフィボナッチリトレースメントです。

フラッシュゾーンfxフィボ
セールスレター上でもフィボナッチリトレースメントの記述があります。

どこまでもネタバレしまくっていくフラッシュゾーンFX。

気前が良すぎる感じがしますが、
フィボナッチリトレースメントを活用したことがあるなら、
その不思議なフィボ数値の反応具合に驚かれたことがあると思います。

確かにフィボナッチ数列はチャート上でかなり機能します。

それをしっかりと検証していくだけでも、
今後のFXトレードでの勝率と精度が上がると思います。

フィボの使い方を学ぶことができるのも
フラッシュゾーンFXの特徴であると言えます。

フラッシュゾーンFXトレードルールの検証

実際にフラッシュゾーンFXのトレードルールを理解して、
過去チャートで検証していきました。

フラッシュゾーンFXに記載されている通りのロジックでも、
充分に利益を積み重ねることができることを確信しました。

flashzonefx
ここらへんの記載は確かに納得できる部分です。

ただし、
サイクルクローズの設定をトレンド状況やレジサポなど、
チャートパターン以外でもしっかりとフィルターかけていかないと、
勝率はそんなに高いアベレージを獲得するのは難しいです。

フラッシュゾーンFXの手法ではリスクリワード比率がよいので、
勝率40%以上を獲得できれば利益は積み重なっていきます。

しっかりとチャートの環境認識力を上げていくことで、
より勝率とエントリー精度を上げていくことが重要です。

これはチャートリーディング力を学ぶことで、
おいおい上げていけばいいかと思います。

フラッシュゾーンFXの評判

フラッシュゾーンFXは情報商材ASPインフォトップで販売されていますが、
2015年8月26日現在でかなりヒットしている状況になっています。

flashzonefxranking
インフォトップの商材販売ランキングも1位です。

FX裁量トレード商材の目立ったものがあまりないこともあり、
フラッシュゾーンFXへの期待値が販売本数を伸ばしている状況です。

また、
フラッシュゾーンFXには驚異の「利益でない時の返金保証」付きです。

返金保証
なかなか強烈な返金保証付きです。

しかもこの返金保証条件には、
「MT4のトレード履歴を送ってほしい」くらいの条件で、
厳しい返金条件があるわけでもありません。

ポールジモン氏と商材販売者のトレードロジックへの自信の表れと言えるでしょう。

※返金保証は悪用厳禁でお願いします。

フラッシュゾーンFXの各種特典レビュー状況

教材監修者のポールジモン氏がイケメンかつ、
解説動画でもかなりいい味をだされているフラッシュゾーンFXですが、
各種FXブロガーも特典付きで商材を紹介していたりします。

当サイトでは、以下のサイトでの特典付き購入をおすすめします。

参照:フラッシュゾーンFX特典付き紹介サイト

フラッシュゾーンFXの活用法がより明確になるのと、
商材の検証方法がわかるようになる特典コンテンツが魅力です。

当ページでは今後もフラッシュゾーンFXの情報を更新していきます。

フラッシュゾーンFXは販売終了に

かなりの大ヒットFX商材となったフラッシュゾーンFXですが、
2015年9月27日をもって販売終了となりました。
※その後再販されています。

一ヶ月弱の販売期間となりましたが、
あまり知られていないFXトレード手法ということで、
多数のトレーダーに活用されている状況です。

今後また違った形で商材が再販等ありましたら、
当サイト上でもお伝えしていきたいと思います。

フラッシュゾーンFXの再販に関し

2015年10月現在でフラッシュゾーンFXは再販されています。

商材につけられていた返金保証申請もまだ無いようで、
フラッシュゾーンFXのロジックの強固さを感じさせます。

今後再び販売停止となる場合もありますが、
トレード手法自体は何らかの形で購入できるかもしれません。

早い段階でチェックしておきましょう。

One Response to “Flash Zone (フラッシュゾーンFX)ポールジモン商材検証レビュー”

  1. フラッシュゾーンFXは再販されています。

    かなりヒット商材になったので、また機会があると思います。

    引き続きチェックしておいて下さい。

コメントを残す