FX商材のおすすめ購入手順と方法解説

FXに関する情報商材は多数発売されています。

FXに興味を持って取り組みたいと思った方の多くは、
情報商材を購入するよりも先にFXに関する本を読んだり、
FX業者で口座開設してデモトレード等をやってみたりすることが多いでしょう。

「早い段階から利益を積み上げられるようになりたい」という願望から、
FXトレードで「簡単に短期間で莫大な成果を出せる」と宣伝される
情報商材やFXトレーダー塾等に目がいくようになると思います。

様々なFXに関する情報をインプットしていくうちに、
FX商材のことを知るようになっていきますが、
どのような情報商材なら自分のトレードに役立つかを判断するのは最初は難しいです。

こちらの記事では、
どういった手順でFX商材を購入していくべきか
おすすめの一例を解説していきたいと思います。

FX商材おすすめ購入

最終的には情報商材等なくてもトレードに勝てるようになるべきです。

ですが、
初期段階でトレードノウハウをまとめたFX教材を参考にしたり、
チャート検証練習ソフトを導入することで効率的に実力構築したり、
FXというもの自体を理解する為に勉強することは必要です。

その中でFX商材を手にしていくことは、
活用方法を間違えなければ有効な手段と言えるでしょう。

全くなにをしていいかわからない時には、自己投資して教材を購入し、
実践していく指針を得ることは大切な効率化です。

情報をうまくインプットして実力を構築していきましょう。

FX情報商材とは?

そもそも情報商材とは一体どんなものを指すのでしょうか?

「価値のある情報を販売できるコンテンツとしてまとめたもの」

こういった認識が一番わかりやすいかと思います。

参照:情報商材とは?意味と使い方を解説
(情報商材はネットビジネス系のイメージが強いです)

情報商材の中でもツールやソフト等の商品もありますし、
PDFやテキストなどの文字データや、動画、音声等で提供されるものもあります。

様々な提供方法で販売されていますが、
基本的にはデータファイルでの提供になりますので、
販売戸数が増えても販売者側の手間がほぼ変わらないのがメリットです。
(個別サポートやコンサルティングの場合は例外ですが)

売れば売るほど販売者側の利益が膨らむのです。

購入者側は価値ある情報や商品であれば、
早めに手に入れて先行者利益を獲得しておきたいものです。

情報は時間とともにどんどん価値が下がっていくものです。
今だからこそ特別な価値がある情報な場合もあるのです。

FX関連商材の場合は相場は逃げないので比較的焦る必要はありませんが、
自分自身が取り組む時間とモチベーション維持し続けられる期間を考えると、
早めに成果を出していけるようにすべきです。

何に取り組むにせよ、自己投資と行動力は大切になるのです。

FX情報商材の調べ方

FXに関する情報商材の場合は多分にもれずトレードに関するものなので、
実際に自分のFXトレードにとってどういう意味を持つかを考えていくべきです。

  • FXの知識を学ぶものなのか
  • FXトレードの技術を学ぶものなのか
  • 自動売買やインジケーター、EA等のツール系か

目的がはっきりしていれば自分に必要なFX商材の選び方も明確になってきます。

目的が見えた後の自分にあったFX商材の調べ方は以下の方法等です。

  • インターネットコンテンツや本雑誌等で調べる
  • FX商材の広告や情報やネット上に多数掲載されています。
    またFXを扱う雑誌や書籍でも紹介されている場合があります。

    そういったコンテンツで商材の情報や評判を調べることが可能です。
    検索エンジンを利用して様々な情報を得ることが有効です。

  • FX商材販売ASPで情報を聞く
  • 現在情報商材の多くはインフォトップというASP(販売仲介会社)が扱っています。
    インフォトップのサイトでどんなFX商材があるかを調べたりすることもできます。

  • 知人トレーダーに聞く
  • 先輩トレーダーがまわりにいたら情報共有してもらうことは有効です。
    すでにFXトレーダーコミュニティ等に参加していたら、
    そういうコミュニティで情報を集めるのもおすすめです。

様々なFX商材がある中で、
最終的には実際に自分で購入して利用ながら判断基準を高めていきます。

気になったら予算と相談して可能であれば購入して自己投資します。
できる限り効果的な商材を購入するように事前に調べられることはしていきましょう。

FX情報商材の購入方法

FX情報商材の購入方法は、
多くの場合インフォトップというASPで販売されています。

こういったASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)は、
クレジットカード決済と銀行振り込みと両方対応している場合が多いです。

PAYPAL等の決済代行会社を利用している商材販売者もいますが、
その場合はPAYPALアカウントを指示に従って作成していきます。
(PAYPALもアカウント作成後は通常のクレジットカード決済です)

情報商材を購入したり今後の取引をスムーズにする為にも
クレジットカードを用意しておくとより便利にすすめることができます。

FX商材のおすすめ購入手順

FX商材に興味を持って購入を検討している場合に、
どういった手順でどういった属性の商材から購入していくべきかの例を解説します。

すでに購入検討中のFX情報商材があるのであれば、
その商材が自分にとってどういった意味を持つ商材なのかを検証し、
購入の必要性を感じたならばトレード技術向上の為に自己投資していきましょう。

  1. FXを知る教材を検討する
  2. まずはFX自体がどんなものかを知る為の教材を検討します。

    知識をインプットするのが目的なので情報商材でなく書籍でもいいですし、
    無料で公開されているFX業者のサイト情報や無料セミナーでもいいです。

    FXはどんなものでどんなメリットとリスクがあるかを
    しっかりと理解してからトレードに移っていきましょう。

    以下の記事では、様々な無料で見れる情報が公開されています。

    参照:FX口座開設おすすめ会社と為替相場情報サイトまとめ

  3. FXの勉強法を学ぶ教材を検討する
  4. FXはダウ理論に基づくチャートパターンをしっかりとものにすることや、
    利益の出せるトレードルールを理解して裁量トレードを理解する必要があります。

    こういったトレードの実力を構築する為の「FX勉強法」を学ぶ教材はおすすめです。

    95%のFXトレーダーが損失を出して退場していくのは、
    「勉強のやり方を知らないから」という場合が多いです。

    しっかりと実力の付け方を学ぶことは初期段階で重要です。
    (多くの場合、大きな損失を出してから気づきます)

    FXトレーダーコミュニティや塾などの商材がこれに当たります。

    予算と費用対効果とを重々検討していきましょう。

  5. FXのトレード技術を高める商材を検討する
  6. 多くのFX情報商材は「トレード技術」に直結する教材や商材の場合が多いです。
    トレードロジックを解説する教材やインジケーターEA系のツール商材もこれに当たります。

    また、チャート検証練習ソフトであるFT2や裁量トレード練習君もこの種類です。

    FXを知り、FXの学び方を理解し、その上でインプットする技術論には意義があります。

    トレードルールを解説している教材も、その後ろにある根拠を検証していくことで、
    販売者のトレード技術を盗んでモデリングしていくこともできるのです。

    トレード技術を高める商材は、
    まずチャート検証練習ソフトは購入をおすすめします。
    トレードロジックに関しては、随時ご自身の目で判断していってください。

購入に当たり注意すべき点

情報商材の購入に関しては、トラブルが多い印象が社会的に持たれています。

これまでに解説したASPや既にネット上にしっかりと評判がある商材であれば、
そこまでトラブルを恐れることなく購入していけますが、
個人販売の商材や誇大広告の塾や情報商材も無きにしもあらずです。

しっかり前情報を調べていき、
よくよく予算と費用対効果を検討してから購入手続きを行って下さい。

特に高額塾等の購入を検討している場合は、
信用のおける販売者かどうかを見極めていくことが必要でしょう。

購入手続きは自己責任です。

事前調査を怠らずに行って下さい。

FX商材を活用してトレードの実力を構築しよう

FX情報商材を購入して活用することは、大きな時間短縮に繋がります。

わらかないことをまとめて効率的に提供してくれるので、
お金で時間と労力を購入するという感覚で正しいです。

ただし、
購入したからにはしっかりと活用しないと意味ないですし、
あまりにも「不労・片手間・ほったらかし」で稼げる誇大広告商材等で、
メリットの部分ばかりに目を向けて購入するのも良くないです。

あくまでも目的は「トレード技術の向上」において購入すべきです。

行動力と自己投資で勝ち組トレーダーになっていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ