FXスキャルピング革命(クロスリテイリングFX-Jin教材)評判口コミレビュー

FX業界のカリスマ的存在でもあるFX-Jinさんが、新たなFX教材を発売されます。
「FXスキャルピング革命」という教材になります。

FXスキャルピング革命は2016年10月からの発売となり、
期間限定で発売されていくようです。

fxjinスキャルピング革命
スキャルピングキングとも称されるFX-Jinさんの、恋スキャFXビクトリーDXに次ぐニュー教材。

様々なシチュエーションで顔出し露出されているFX-Jinさんが全面に出た教材なので、
FX商材業界の大手であるクロスリテイリングの威信をかけた教材とも言えるでしょう。

しくじりFX先生でもかなりのおいしい感じを提供いただいたFX-Jin先生ですが、
今回は自身が監修したFX教材として新作を発表。

ここ最近はFX仙人須藤一寿氏のTHE SECRET FX等でもあったように、
FX教材紹介のナビゲート役が多かっただけに、
業界の一部からも「ついにやるんですか!」的な声がきこえてきそうな今日この頃。

当のFX-Jinさんご本人も「やるからには全力で!」という姿勢がブリブリ伝わってきます。
fxjin
FXスキャルピング革命の販売ページトップには、このやる気バリバリです。

FXスキャルピング革命の評判と個人的レビュー、
購入者の声などの状況を更新していきたいと思います。

FXスキャルピング革命の教材概要

FXスキャルピング革命は、FX-Jinさんがクロスリテイリング前に
シグナル配信をやっていた時のトレードロジックが提供される教材です。

当時のシグナル配信での勝率が8割超えしていて、
かなり自信があるというところから話はスタート。

関係者でもある初心者トレーダー高橋さんが試しにトレードすることで発売に至りました。

参照:FXスキャルピング革命(FX-Jin商材)発売までの概要が解説されてる記事
(こちらの記事が一番わかりやすく発売までの経緯を解説されてます)

当時のトレードロジックである「スピードスキャル」と、
高橋さんの要望で新しく開発された「カウンタースキャル」のロジックで、
WスキャルロジックとしてFXスキャルピング革命は構成されています。

FX-Jinさんが開発した短期トレードロジックを学ぶ為の教材ですね。

fxスキャルピング革命ロゴ
スキャルピングという名称がついていると、もぅFX-Jinさんのイメージですね。

短期トレードでパパッと利益をとっていくのは、
初心者にとっては嬉しい部分でもあります。

誰でも長らくポジションを保有していると精神的に気になってよくないので。

圧倒的に兼業で仕事しながらトレードしている方が多いので、
ポジション保有時間は短いに越したことないし、
となると勝率が高くて少ない利益でも積み重ねていけるロジックがいいわけです。

スキャルピングという名のデイトレードは、メリットも大きいです。
ポジポジ病に気を付けて!

スピードスキャル・カウンタースキャルのWロジック

FXスキャルピング革命で提供されるトレードロジックは以下の2パターン。

  • スピードスキャル
  • FX-Jinがシグナル配信時に使用していた従来のスキャルピングロジック。
    勝率の高さとトレードのわかりやすさがポイントとのこと。

  • カウンタースキャル
  • 今回のテストトレーダーとして参加した初心者高橋さんのリクエストに応じて開発されたロジック。
    トレンドの天井から底までを取りのがしなく獲得していく最新スキャルロジック。

fxスキャルピング革命ロジック
2つのスキャルロジックの概要と講座が提供されていきます。

FX-Jinさんが実際に成果をあげていたトレードロジックということで、
習得していく意義は高いといえるでしょう。

しかも今回はクロスリテイリングファウンダーのFX-Jinさんが直接講師として登場されるので、
会社としてもこれは腰を入れて販売もサポート対応もしていかなければなりません。

ハンチクな感じでやってると、FX-Jinさんの看板に傷がつきますからね!

というわけで、2つのスキャルロジックを現状でわかる限りの解説していきます。

スピードスキャルロジック

スピードスキャルロジックは、FX-Jinさんがシグナル配信時代に実践していたという手法。

FXビギナーの高橋さんに最初に伝授された手法です。
fxスピードスキャル
トレンドフォローの短期トレード手法ということで、
「買いのサインがでて、更にブレイクしたらエントリー」と、
ブレイクエントリーできちんとダウ理論に沿ってトレードしていることがわかります。

トレードチャンスは、基本的に指定のインジケーターでサインを見て判断するという。

インジケーターのサインからの、ブレイクエントリーなので、初心者でも確かにわかりやすいはずです。

fxスピードスキャル損切
勝率も相場状況次第ながら、8割前後を期待できるロジックとのこと。

なんだかんだで勝率が高いロジックだと、精神的にも安定して取り組めるので、
初心者トレーダーには特にうれしいと思います。

勝率が低いロジックだと、負けが込んでくるとメンタルが折れちゃいますからね…

カウンタースキャルロジック

そして今回はトレンドの底から天井までの取れるところをガッポシとっていくという
「カウンタースキャル」というロジックも新しくFX-Jinさんが開発して提供されます。

fxカウンタースキャル
FXスキャルピング革命のカウンタースキャルロジックは、
トレンドの転換点(押し目・戻り)に着目しているのがわかります。

ダウ理論に従って、トレンドが崩壊するところまで全部利益化していくことは、
しっかりと節目となる高値もしくは安値が見えていれば可能です。

カウンタースキャルは、それをロジック化したものと言えるでしょう。

fxカウンタースキャルトレンド
ダウ理論による上昇トレンドが崩れた位置で決済していくことで、
トレンドの底から天井までの取れるところをトコトンとっていけるわけです。

これがカウンタースキャルだー!!

初心者トレーダーをターゲットにした内容

クロスリテイリングのFX商材は、これまで発売されてきたものをみても、
一貫して初心者トレーダーに役に立つ内容を提供されています。

あと変わり種としては4DFXという新しいチャートシステム商材もありました。

どの教材も初心者トレーダーでも取り組みやすいような教材の構成がされていました。

質問サポートも継続的に使えるようになっているので、
購入者のやる気次第でどこまでも使い倒すことも可能なわけです。

ガンガン新商材を発売しまくっておられる精力的な感じが、
一部の頑固系実践者に微妙な反応をされている部分もあるかもしれませんが、
初心者トレーダーだったり修行中のトレーダーであれば、
必要に応じてFX教材を導入していけばいいだけなのです。

今回のFXスキャルピング革命は、ド初心者の高橋さんがテストモニターしてくれたので、
あとは同じようの実践できる環境をつくっていくだけで、
高橋さんと同様の成果は目指すことができると思います。

わからない部分や困ったことは、随時質問していくことで何とかなると思います。

困った時はお互い様ですからね。

FXスキャルピング革命は使える教材なのか?

FXスキャルピング革命は、まさにこれから発売されていく状況です。→一般発売されました!

実際にどんなトレーダーにとって使いやすいトレードロジックになっているかや、
トレードチャンスが訪れる頻度や見つけ方のわかりやすさ、
そういった部分も後程確認して追加レビューしていきます。

というわけで!!!

FXスキャルピング革命が一般発売にもなり、
教材内容もだいぶ浸透してきているようなので、
実際にFXスキャルピング革命が利益を出すのに使える教材なのか?をレビューしていきたいと思います!!

結論から言うと、
「小さい利益をコツコツ出すには有りな教材」ということになります!

幾つか状況を解説していきます。

高い勝率が好評

今回のFXスキャルピング革命のロジックは、勝率が8割前後とされています。

fx-jin高い勝率ロジック
FXスキャルピング革命の公式ページでポップアップされる画面でも、
FX-Jinさんが自信マンマンに高勝率をアピールされています!!

この高すぎる勝率は、あながちギミックでもなく、リアルな数字のようです。

以下の実践者の声は、FXスキャルピング革命の販売ページからです。
fxスキャルピング革命声
「負けなしです。」こりゃすげーーー!!

で、以下の動画でもロジック検証されてます。


こちらの検証動画では、1回だけ損切りになっていますが、
高い勝率は維持したままで大きくプラスになっている状況です。

きちんとロジック通りトレードすれば、プラスになるというのがわかります。

初心者でもわかりやすいスピードスキャル

ではでは、FXスキャルピング革命のロジックはやりやすいのでしょうか??

これは私も実際に教材を手に入れてやってみました。

結果… とても簡単でわかりやすかったです。

fxjinkantan
FX-Jinさんも、爽やかな感じで伝えておられます。

わかりやすい簡単なトレードロジックが、はっきり言って一番うれしいです。

世の中わからないことだらけ。
せめてFXのトレードルールくらいはわかりやすくやりたいもんです。

カウンタースキャルは難しい?

FXスキャルピング革命は、スピードスキャルとカウンタースキャルという2つのロジックでWロジックとのこと。

一方のカウンタースキャルは裁量部分が結構大きくて難しいという印象でした。
私の個人的な印象かもしれないですが。

使うインジケーターもスピードスキャルより多かったです。

上手くエントリーできれば、スピードスキャルより大きな値幅が取れるロジックという。
いい部分もありますが、スピードスキャルよりも上級向けです。

カウンタースキャルは、やってもいいし、
無理してやらなくてもスピードスキャルで充分お金を増やせると思いました。

詳しく知りたい場合は、このレビュー記事がわかりやすく解説されてます。

FXスキャルピング革命巷の評判

すでにネット上でもFXスキャルピング革命の評判記事があったりします。

また、一般発売もされていき、どんどん購入者・実践者が増えてきているようです。
ネット上でも感想のブログ記事が増えています。

注目度が高いのがわかります。

恋スキャFXビクトリーDXという大ヒット教材の実績を持つFX-Jinさんなので、
今回のFXスキャルピング革命はかなり注目されていくと思います。

発売後も巷の評判や、私自身の追加レビューも合わせて更新していきたいと思います。

と、ここまで記事更新しまして、
FXスキャルピング革命を私自身もどんどんやってみて、状況を継続更新します。

現在は、3トレードで3勝しています。やればできる!

頑張ります。

コメントを残す